洛快速:京都行き
京都地区の鉄道の車両運用を中心に、鉄道の話題やその他管理人が興味をもった話題を書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜どうでしょう×京大
ブログ長期間放置プレイで大変申し訳ございません。

マイペースにはなりますが、今後も更新していきたいと思っていますので見てくださいね。

さて、11月23日(金・祝)に京大11月祭の中で、

「水曜どうでしょう×京大 特別集中講義 ~案ずるな京大生~」

がおこなわれました。

これは、水曜どうでしょうのD陣お二方 (藤村忠寿氏、嬉野雅道氏)を京大にお迎えして、水曜どうでしょうの秘話をとおして、生き方や考え方のヒントを教わろうということで開催されました。
10月上旬にTwitter上でこの講義があることを知り、早速募集期間に申し込み。先着順だったので、なんとか間に合いました。

当日はまず、受付で名前を言ったあと、整理番号つきの入場券をもらい待機。

13:30から整理番号を30番ずつ区切って入場が開始になりました。

自分と友人は120番台にもかかわらず、左前の最前列の席が空いていたのでそこに着席。まさかこんな席を確保できるとは。

14:00になり開始を待っていたが、キャンセル待ちの入場者待ちで開始時間が若干遅れ。

キャンセル待ちが多く、急遽別室を用意し、ユーストリームでこっそり配信も。

そしてようやく開始となり、京大のアカペラ部?のようなクラブによるオリジナル「1/6の夢旅人」にあわせて藤村氏と嬉野氏が入場。

写真撮影可だったので、自己紹介とともに撮影会状態に。

※この写真は私的利用のみなので掲載はしません。

そして、お二方の雑談からスタート。前日に彦根のP社の工場に行ったお話から、髭剃りの話へ。

いつもの藤村節が炸裂し、会場も大爆笑の連続でした。

今回の講義のメインは参加者から事前に募集した質問を答えるというもの。

覚えている範囲だと…

新作の予定はありますか?→来年あり!
大泉さんが願っているアカプルコに行く予定→なし!

などなど多数の質問に答え、さらに途中から『結局、どうして面白いのか「水曜どうでしょう」のしくみ』の著者、佐々木玲仁さんが登場!しかも僕の右前 (椅子のみの座席)に座っていらっしゃった方でビックリでした。

この佐々木さんが水曜どうでしょうはなぜ面白いのかについて学術的に解説されていました。とてもわかりやすかったです。

そして最後に直接質問できるコーナーがあり、マニアックな質問もあった中、17:00過ぎに予定を1時間もoverする講義が終わりました。

この講義でだいぶ笑わせてもらってすっきりしましたし、また僕とは違う考え方をもっていらっしゃって生き方の参考にもなりました。

本当に主催者の方、藤村さん、嬉野さんには感謝します。

ありがとうございました。


また、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



藤村さんは2日後の25日に開催された大阪マラソンで完走もされているようで、おめでとうございます!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。